ロールケージ・ロールバーの形状・素材

ロールケージエージェント

ロールケージの形状・素材

このページではロールケージの基本構成からなる形状と素材について記載しています。
    


ロールケージの基本構成・形状

5点式、7点式、8点式などと構成をイメージしにくい呼び名が使われていることもしばしばありますが、ロールケージの基本構成としては、わずか3形状のみです。

@6点式ロールケージ
6点式ロールケージイメージ フロアボディに接地しているバーの本数が6本で車内の全体を囲う形。これがロールケージの基本形となる。







A4点式ロールケージ
4点式ロールケージイメージ フロアボディに接地しているバーの本数が4本でBピラー以降部分のみ。








Bフロント4点式ロールケージ
フロント4点式ロールケージイメージ フロアボディに接地しているバーの本数が4本で名称どおりBピラーからフロント部分のみ。
このフロント4点式は、あまりメジャーではないが、利点としてフロント部分のみのケージであることから定員乗車のまま車検を通過できる。




上記を踏まえると、5点式、7点式などと呼ばれているものは、基本構成となるロールケージへオプションバーを追加したものとなります。

例)
@4点式ロールケージ + 斜行バー   ⇒ 5点式
4点式ロールケージ + 斜行バー = 5点式ロールケージイメージ

A6点式ロールケージ + 斜行バー + リアセンターバー   ⇒ 8点式
6点式ロールケージ + 斜行バー + リアセンターバー = 8点式ロールケージイメージ

B6点式ロールケージ + 斜行バー + リアセンターバー + サイドバー   ⇒ 10点式
6点式ロールケージ + 斜行バー + リアセンターバー + サイドバー = 10点式ロールケージイメージ

なお、基本構成(4点式、6点式)へのオプションバー追加によって乗員保護力およびボディ剛性の更なる向上が可能となります。

 オプションバーの種類
  -斜行バー
  -クロスバー
  -リアセンターバー
  -リアバイザーバー
  -メインセンターバー
  -サイドバー

各種オプションバーの装着目的や効果の詳細は、[オプションパーツ]ページをご参照ください。


ロールケージの素材


ロールケージに利用される素材は主に2種類あり鉄とアルミです。

しかし、アルミ製のロールケージについては、非常に軽く外見も綺麗であるがロールケージ装着の最大の目的である乗員保護の役割を達成できないため、サーキットでの使用はNGとされています。
よって、アルミ製のロールケージを装着する場合は、ファッション感覚でドレスアップの手段として割り切りをもって着用する必要があります。
     
ゆえに実用性を伴うロールケージの素材としては鉄となり、更に鉄製のロールケージは2つに分類されます。
  • クロモリ(クロムモリブデン)
  • スチール
クロモリとは、炭素鉄にクロームとモリブデンを添加した合金のことで、強度はスチールの1.5倍を誇ります。加えて、引っ張り強度や粘りもあることからロールケージに最も適した素材とされています。

なお、クロモリは強度が高く、ロールケージの肉厚を薄くできるため、一般的な40φのロールケージで比較すると2.0mm厚のスチールに対してクロモリは1.6mm厚で同等の強度が確保可能です。
この0.4mm厚の差からクロモリ製のロールケージを装着することによって、装着時の重量増を大きく抑えることが可能になります。

例)180SXへ『6点式ロールケージ+斜行バー (7点式)』を取り付ける場合の重量増加比較
  • スチール製の場合: 24kgの車両重量増加
  • クロモリ製の場合: 20kgの車両重量増加
⇒ その差は、なんと4kg!!
     
上記の理由により、クロモリ製のロールケージが主流となっております。




SITE MENU
SEARCH


WWW を検索
当サイト を検索

サイト内の検索ができます。
適応車種を検索できます。
[例] ビート PP1

お問合せ

ロールケージのご相談やお問合せは、下記までお気軽にお寄せください。
 TEL 0977-76-5725
 (月〜金: 9:00-19:00)
 (土日祝: 9:00-18:00)
 FAX 0977-76-5725
 MAIL toiawase@rollbar.jp

実店舗の営業時間

月〜金: 9:00-19:00
土日祝: 9:00-18:00
定休日: なし
 ≫所在地など店舗情報詳細