ロールバー・ロールケージのオプションパーツ

ロールケージエージェント

当ページではロールケージ(ロールバー)の各種オプションパーツについて、取付け時の効果および、オプション追加時の価格について、ご案内させていただきます。

 □ オプションパーツのご紹介
   ・ロールバーパット   ・パット用テープ     ・斜行バー       ・クロスバー
   ・リアセンターバー   ・リアバイザーバー   ・メインセンターバー
   ・サイドバー       ・Bピラー留め      ・ラダーバープラス

 □ 各種オプションパーツの価格


オプションパーツのご紹介

ロールバーパッドについては、車検通過のために必須となっております。

その他、追加のオプションバーについては適正な点数は個人の経験によるところが大きいです。特に一度でもクラッシュを経験された方は、実用性を求める意味合いで多数追加オプションを適用されている傾向があります。

ロールバーパット

ロールバーパットの目的は、ロールケージ(ロールバー)に体がぶつかった際の保護です。むき出し状態のバーでは、体が接触すると結構なダメージを受けてしまいます。そもそもロールケージ装着の目的が乗員保護であるのに、バーがむき出しだと本末転倒なため、車検通過のためにはロールバーパットでバーを巻くことが義務付けられています。なお、クラッシュ時に外力でバーが体の方に押されてくることも想定されるため、すべてのバーをロールバーパットで覆う必要があります。

ロールケージの点数必要なロールバーパットの長さ※
フロント4点式8m
4点式約5−6m
5点式
(4点式+斜行バー)
約6−7m
6点式約10−11m
7点式
(6点式+斜行バー)
約11−12m
8点式
(6点式+斜行バー+リアセンターバー)
約12−13m

※ベースとなる基本ロールケージ(4点式、6点式)へ追加のオプションバーを1本追加するごとに1m分追加でロールバーパットが必要となるとお考え下さい。

↑↑↑匠のロールバーパット巻き(要別途工賃)
当店では、継ぎ目がない匠のロールパット巻きを施したうえでロールケージを発送することが可能です。(この場合、パット用テープは不要)
仕上がりが大変美しいため、たくさんのお喜びの声を頂いております♪


パット用テープ

ロールバーパットの合わせ目に沿って貼る事で見栄えを良くします。
⇒そのため、一般的にはロールバーパットと同じ色のパット用テープを利用します。
※以前取り扱っていたアセットテープ(布地)とは別物です。ご注意下さい。










斜行バー

主に転倒時について運転席の生存スペースをより強固に確保するためのバーです。
⇒基本的に公道での使用はNGとされていますが、脱着は比較的容易に可能です。


クロスバー

斜行バーを更に強固にしたもので、運転席および助手席の生存スペースをより強固に確保するためのバーです。
⇒こちらも基本的に公道での使用はNGとされていますが、脱着は比較的容易に可能です。


リアセンターバー

横転時など、横からの外力からスペースを守る際に効果を発揮します。なお、後部の剛性UPにも、もちろん効果があります。ただし、必然的に後部座席のスペースを奪ってしまうため、基本的には定員変更が必要な2名乗車タイプのロールケージ(ロールバー)にのみ追加可能なオプションバーです。


リアバイザーバー

後部天井を横方向に這うように追加されるバーで、リアセンターバー同様に横からの外力からスペースを守る際に効果を発揮します。リアバイザーバーに関しては、取り付けによって後部座席のスペースを奪わないように設計されているため、定員乗車タイプのロールケージ(ロールバー)に取付け可能です。(こちらは逆に定員乗車タイプでないと取り付けれません。)


メインセンターバー

中央のメインアーチ部分に横バーを追加することになります。横方向からの外力に対する保護力の向上と剛性UPが望めます。

さらに、ビート(PP1)、ロードスター(NA/NB)、MR−S(ZZW30)については、
Iボルトを溶接でメインセンターバーに取り付けることも可能です。


サイドバー

通常時の剛性UPに効果が高く、車両のサイドから他車から追突された際の乗員保護力が大きく向上します。脱着については比較的容易に行えます。


Bピラー留め

メインアーチがより車体にフィットするように固定することができ、効率よく剛性がUPします。


ラダーバープラス

ロードスター、ビート、MR−Sについて、4点式ベースのロールケージ(ロールバー)に追加で取付け可能です。

機能性とファッション性を同時に実現できるため、人気のアイテムです。6点式のロールケージ着用と比べて、ヘルメット装着時に干渉しにくいという副次メリットもあります。

↑↑↑スチール材、クロモリ材の場合は、左右バーの繋ぎはパイプ

↑↑↑アルミ材の場合は、左右バーの繋ぎは3つ穴を開けた板

↑↑↑アルミブラケット
既に取付け済みの4点式ベースのロールケージに取り付ける場合は、別途アルミブラケットが必要となります。
※4点式ベースのロールケージと同時に注文していただければ、メインアーチに取り付け具を溶接して発送しますので、アルミブラケットは不要です。




各種オプションパーツの価格

以下、追加で取付け可能なオプションパーツおよび工賃の価格となります。

オプションパーツ価格表

項目 スチール クロモリ アルミ 備考
ロールバーパット 1,890
1,750
1,890
1,750
1,890
1,750
1mあたりの価格です。
色:黒、青、黄、ピンク
(パット巻き工賃は別です)
匠のロールバーパット
巻き工賃
10,500〜 10,500〜 10,500〜 点数により異なります。
詳細についてはこちらから
お問合せ下さい
パット用テープ 1,050
950
1,050
950
1,050
950
色:黒、青、黄、ピンク
1個あたり25mの長さです。
斜行バー 10,500
9,950
10,500
9,950
10,500
9,950
脱着可能
クロスバー 31,500
29,900
31,500
29,900
31,500
29,900
脱着可能
リアセンターバー 10,500
9,950
10,500
9,950
10,500
9,950
2乗車タイプ用
リアバイザーバー 10,500
9,950
10,500
9,950
10,500
9,950
定員乗車タイプ用
メインセンターバー 15,750
14,950
15,750
14,950
15,750
14,950
2乗車タイプ・定員乗車タイプ
どちらも可
Iボルト付き
メインセンターバー
21,000
19,950
21,000
19,950
21,000
19,950
車種:PP1、NA/NB、ZZW30
(Iボルト4本を溶接)
Iボルト溶接 5,250
4,950
5,250
4,950
5,250
4,950
車種:カプチーノ
  (EA11R、EA21R)
⇒ リア横バーにIボルト
  4本を溶接
サイドバー 29,400
27,900
29,400
27,900
29,400
27,900
左右セット
脱着可能
Bピラー留め 10,500
9,950
10,500
9,950
10,500
9,950
左右セット
ラダーバープラス 31,500
29,900
36,750
34,900
42,000
39,900
車種:PP1、NA/NB、ZZW30
後付購入の場合は
アルミブラケット
(+4,950円)が必要です。




SITE MENU
SEARCH


WWW を検索
当サイト を検索

サイト内の検索ができます。
適応車種を検索できます。
[例] ビート PP1

お問合せ

ロールケージのご相談やお問合せは、下記までお気軽にお寄せください。
 TEL 0977-76-5725
 (月〜金: 9:00-19:00)
 (土日祝: 9:00-18:00)
 FAX 0977-76-5725
 MAIL toiawase@rollbar.jp

実店舗の営業時間

月〜金: 9:00-19:00
土日祝: 9:00-18:00
定休日: なし
 ≫所在地など店舗情報詳細